西国札所草創1300年事業について(10/21~11/11)

更新日[ 2018.10.17 ]

2016年から2020年まで5年間にわたり、西国三十三所各札所では、普段は非公開のお堂や諸尊のご開帳、および庭の公開や寺宝の観覧などが行われますす。近江八幡市の2ヶ寺(三十一番札所・長命寺、三十二番札所・観音正寺)では、10月21日~11月11日までの間、特別公開がされます。

札所めぐりの中でも、最も歴史が古く、全国数多くある観音巡礼の根源が西国三十三所です。2018年は、ちょうど草創1300年を迎え、各札所では特別公開や特別拝観など様々な記念行事が計画されています。

◆西国第三十一番札所 長命寺(電話0748-33-0031)
特別公開/重要文化財本堂内陣特別拝観
拝観期間/2018年10月21日~11月11日
拝観時間/10:00~15:00
拝観料/500円
月参り巡礼/10月17日(水)11:00~法要

◆西国第三十二番札所 観音正寺(電話0748-46-2549)
特別公開/内陣拝観:寺宝「中国明時代白衣観音坐像」初公開、ご本尊お身拭
拝観期間/2018年10月20日~11月11日
拝観時間/8:00~17:00
拝観料/入山料500円、内陣拝観料300円
月参り巡礼/11月18日(日)10:00法要~

2 特別パンフ(A3二折り・両面) PDFで開きます。こちら