■ 水郷と古き商家のたたずまい|一般社団法人 近江八幡観光物産協会

サイトマッププライバシーポリシー

トップページ > 祭りと伝統行事 > 足伏走馬
■ バナー広告

足伏走馬(あしふせそうめ)

足伏走馬

木々のトンネルの中を疾走する騎手と馬、400メートルの直線コースを颯爽とすり抜け競い合う。「七頭の馬、七番の神事」とも言い、七頭の馬にて勝負を決する。二頭ずつ走り、トーナメント式にて順位を決定する。現在古式の競馬としては全国に二つの行事しか残っておらず、現在の競馬を知る上でも、たいへん貴重な行事です。

足伏走馬




ページトップへ