ヴォーリズの年譜

肖像
(1880〜1964)
年代 年齢 ヴォーリズについて
















明治13年
(1880)
0歳 10月28日、米国カンザス州レブンワースで、父ジョン・ヴォーリズ、母ジュリア・ヴォーリズの長男として生まれる
明治15年
(1882)
2歳 この頃から両親に伴われて礼拝に出席し、後日洗礼を受ける
明治21年
(1888)
8歳 生来病弱であったため、一家そろってアリゾナ州フラッグスタッフへ移住
明治29年
(1896)
16歳 コロラド州デンバーに転居
明治33年
(1900)
19歳 イースト・デンバー高校卒業、コロラド大学入学。YMCA活動開始。
明治35年
(1902)
21歳 カナダのトロントで開かれた学生宣教義勇軍の大会に出席。テイラー女史の講演に感動し、外国伝道への献身を決意する
明治37年
(1904)
23歳 コロラド大学卒業。宣教のため、ニューヨークの国際YMCA本部に就職先を依頼
明治38年
(1905)
24歳25歳 サンフランシスコ港から出港 (1月10日)

2月2日、近江八幡に到着。滋賀県立商業学校(現滋賀県立八幡商業高校)の英語科の教師となる。
明治40年
(1907)
26歳 2月8日、ヴォーリズ宅にて最初のバイブルクラスを開く
明治41年
(1908)
28歳 京都三条YMCAの一室で、建築設計監督事務所開業(後にヴォーリズ建築事務所)
明治43年
(1910)
30歳 いったん帰米し、建築家のレスター・チェーピンを伴って帰国、吉田悦蔵と3人でヴォーリズ合名会社設立
大正7年
(1918)
37歳 結核療養所「近江療養院」(近江サナトリアム、現ヴォーリズ記念病院)を開設
大正8年
(1919)
38歳 子爵・一柳末徳(ひとつやなぎすえのり)の三女、満喜子と結婚
大正9年
(1920)
39歳 ヴォーリズ合名会社を解散し、W・M・ヴォーリズ建築事務所と近江セールズ株式会社を設立。メンソレータム(現・メンターム)の輸入販売を開始
大正11年
(1922)
41歳 大同生命・広岡社長夫妻と共に建築視察旅行
『A Mustard−Seed in Japan』を出版
大正12年
(1923)
42歳 『吾家の設計』を出版
大正13年
(1924)
43歳 『吾家の設備』を出版
昭和2年
(1927)
46歳 軽井沢会の副会長に選出される
昭和5年
(1930)
49歳 母校コロラド大学よりLLD(名誉法学博士号)を受ける。また、同志社大学社友に推薦される
昭和9年
(1934)
53歳 近江ミッションを近江兄弟社と改称
出版事業部を独立させ湖畔プレス社を設立
昭和11年
(1936)
55歳 大阪中央放送局で建築についてラジオ放送
昭和16年
(1941)
60歳 日本国籍取得、一柳米来留(ひとつやなぎめれる)と改名。ヴォーリズ建築事務所を一柳建築事務所と改称
昭和20年
(1945)
64歳 マッカーサー元帥と近衛文麿元首相との会談実現のために活躍
昭和22年
(1947)
66歳 昭和天皇よりねぎらいの言葉をかけられる
昭和26年
(1947)
70歳 自伝『失敗者の自叙伝』の草稿を起筆、昭和32年まで『湖畔の声』に連載
昭和29年
(1951)
74歳 社会公共事業に対する功績により、藍綬褒賞を受ける
昭和32年
(1957)
76歳 7月、軽井沢でクモ膜下出血のため倒れ、近江八幡の自宅に帰り、療養生活に入る
昭和33年
(1958)
77歳 近江八幡市名誉市民第1号に推される
昭和35年
(1961)
80歳 日米修好通商百周年に功労者として顕彰を受ける
昭和36年
(1961)
81歳 建築業界における功績で黄綬褒章を受ける
昭和39年
(1964)
83歳 5月7日、7年間の無言の病床生活を終えて昇天。正五位勲三等瑞宝章を受ける。5月16日、近江八幡市民葬と、近江八幡兄弟社葬との合同葬となり、遺骨は恒春園に眠る
 


 ホームに戻る