William Merrell Vories

To English Page...

 
ウィリアム・メレル・ヴォーリズ

これは、ヴォーリズのサインで、彼はいつもこれを「近江八幡は世界の中心」と説明していました。
*掲載されている記事および画像を無断で用することを固く禁じます。

  ウィリアム・メレル・ヴォーリズ

ヴォーリズは明治38年に八幡商業高等学校の英語教師として来日し、昭和39年に83歳の生涯を終えるまで彼は近江八幡市に留まり、キリスト教の伝道とその主義に基づく社会教育、出版、医療、学校教育などの社会貢献活動を続けました。そしてこれらの事業を経済的に支えるべく多くの人々と力を合わせ、建築設計会社やメンソレータム(現メンターム)で知られる製薬会社などの企業活動を展開していきました。
生涯、個人資産を持たなかったヴォーリズの精神は、今の近江八幡市に脈々と流れており、全国の様々な方や団体もヴォーリズの精神、事業等を受け継いで活動しています。 

◎ ヴォーリズの年譜
◎ ヴォーリズの伝道
◎ ヴォーリズの社会貢献活動
◎ ヴォーリズの著作
◎ ヴォーリズの建築
◎ ヴォーリズの建築作品一覧
◎ ヴォーリズの生まれ故郷レブンワース市
◎ 昭和天皇を守ったヴォーリズ
◎ ヴォーリズの精神は永遠に