ヴォーリズの建築作品

下村邸、現大丸ヴィラ(昭和7年/1932)
下村邸、現大丸ヴィラ
もと大丸社主の下村正太郎邸として計画されたものである。ヨーロッパの建築、美術に通じていた下村社長は、自邸の設計には英国の中世様式採用するよう指示していたが、ヴォーリズも百貨店計画で下村社長の趣味を心得ており、英国の伝統様式であるチューダースタイルの館を完成させた。別名「中道軒」とも呼ばれている。

建築作品に戻る / ホームに戻る