ヴォーリズの建築作品

活水学院(大正15年/1926)
活水学院
明治12年(1879)に開校した九州でも屈指の伝統あるミッションスクールである。
鉄筋コンクリート3階建ての上に、屋根窓をともなう急勾配の屋根を掛け、校舎出入り口を八角形の塔体としている。全体はゴシック調である。設計を担当したのは、大正6年までヴォーリズ事務所で活躍したJ・H・ヴォーゲルで、その後彼が香港で建築活動を行っている時に協力して設計されたものである。

建築作品に戻る / ホームに戻る