ヴォーリズの建築作品

旧八幡郵便局(大正10年/1921)
旧八幡郵便局
小品ながら初期の作品としては注目すべきものがある。現在は玄関部が失われた状態であるが正面妻壁を曲線状に立ち上げたデザインには、後年ヴォーリズ建築で広く活用されるスパニッシュ・デザインの片鱗が早くに現れたものである。現在地元の団体(ヴォーリズ建築保存再生運動)が管理運営を行っている。11

建築作品に戻る / ホームに戻る