特産品豆知識 近江牛
近江牛 いわずとしれた滋賀の代表名物「近江牛」。仏教思想の影響で日本では肉食は禁じられていましたが、近江の国で最初に食したのは高山右近と言われています。江戸時代においても、彦根藩が幕府に献上する太鼓制作のための牛革確保のと殺を認められた唯一の藩であったことから、しだいに味噌漬けや干し肉として加工され食されるようになっていきました。一般に食されるようになったのは明治5年に天皇が牛肉を食したことの報道がなされたことから始まりました。
一般的に近江牛は鈴鹿山脈を源流とする良質の水質と肥沃な大地に育まれた東近江地域で生産されており、その特徴は、全体的に柔らかい、肉繊維の中に含まれる脂肪部分(霜降り)が良い、肉そのものの香りが良い、といったことが上げられます。
その美味しさは近江商人の活躍によって全国各地に広がり、今も昔も変わらず多くのファンを有しています。