• この情報を印刷する

八幡堀

(はちまんぼり)

豊臣秀次が八幡山のふもとに城下町を開いたとき、当時の交通幹線であった琵琶湖を往来する荷船をすべて八幡に寄港させるために設けられた運河が八幡堀です。
かつて帆を立てた商船が往来し、商人らの熱気に満ちあふれていました。
そんな八幡堀も一時期は荒れ果て埋め立ての計画まで進められていました。
しかし、青年会議所を始めとする地元有志の運動により、ようやく今日の姿を取り戻すまでに至りました。
現在では、町の代表的な観光名所として位置づけられ、1年を通して映画やTVドラマ等のロケが行われています。
八幡堀の歴史と保存再生の取り組み

■住所 近江八幡市宮内町周辺