市立資料館

【郷土資料館】
当館は近江商人(八幡商人)の代表的な人物である西村太郎右衛門の宅地跡にあり、現在の建物は旧近江八幡警察署を利用しています。
館内は、考古・民俗・文書などの資料が展示されており、毎年春と秋には特別展が開催されます。

*西村太郎右衛門(安南屋)
慶長8年(1603年)に西村家2代目の次男として生まれました彼は、20歳の時に角倉了以の御朱印船で長崎から安南(ベトナム)へと旅立ちます。
異国の地で商いに取り組み25年(正保4年・1647年)、帰国のため長崎まで帰ってきますが、時は鎖国の世であり上陸は許されず、安南の地で没した悲劇の商人です。
彼が、長崎で故郷への思いを託し、絵師(菱川孫兵衛)に描かせ、日牟禮八幡宮へ奉納した絵馬「安南渡海船額」は国の重要文化財に指定されています。
太郎右衛門の兄は、異国の地で亡くなった彼を思い、屋敷内に供養塔を建立。
その後、昭和5年の御大典に併せて造成された「八幡公園」に移されました。


【歴史民俗資料館】
森五郎兵衞の控宅で、近江商人(八幡商人)の往時をしのぶ帳場風景や生活様式をそのまま残し、そのほか多くの民俗資料を展示公開しています。
裏庭には、民具。農具などが展示され、水郷地帯の農村の生活を知ることができます。
*市立資料館は「郷土資料館・歴史民族資料館・旧西川家住宅・旧伴家住宅」の4階で構成されています。

【旧西川家住宅】
西川(利右衛門)家は屋号を大文字屋と称して蚊帳や畳表を商い、江戸、大坂、京都に店を構えました。
現在資料館として入館できる施設は3代目によって宝永3年(1706年)に建てられたもので、昭和58年1月に国の重要文化財に指定され、昭和60年10月より33ヶ月の工期を経て、改修されました。
昭和5年に後継者が無いまま11代目が亡くなり、約300年にわたって活躍した西川家は終焉を迎えました。
西川家の家訓は「先義後利栄・好富施其徳」。
義理人情を第一とし、利益追求を後回しにすることが商売繁盛となり、得られた富に見合った人間形成を行えと説いています。

入場料
【旧西川家住宅】のみ 一般300円・小中学生150円
【旧伴家住宅】のみ 一般400円・小中学生250円
【郷土資料館】+【歴史民俗資料館】一般300円・小中学生150円
【郷土資料館】+【歴史民俗資料館】+【旧西川家住宅】一般600円・小中学生300円
【郷土資料館】+【歴史民俗資料館】+【旧西川家住宅】+【旧伴家住宅】一般900円・小中学生500円
*10名以上は団体割引有り

■住所 近江八幡市新町2丁目
■連絡先 0748−32−7048
■営業時間 9:00〜16:30(入館は16:00まで)
■定休日 月曜日(月曜が祝祭日の場合は開館)
祝日の翌日、年末年始

*春/秋の観光シーズンは全日開館。(5月、6月、10月、11月は無休です)