村雲御所 瑞龍寺 ( むらくもごしょ ずいりゅうじ )
村雲御所瑞龍寺 1596年、豊臣秀次公の生母(秀吉の姉)日秀公が、秀次公の菩提を弔うために、後陽成天皇から村雲の地と、瑞龍寺の寺号を賜り、村雲御所を創建されました。
日蓮宗唯一の門跡寺院で、門跡は現在十三世日鳳尼公です。昭和36年に京都よりその主用建物が八幡山に移築されました。
※例年6月第1日曜日に「八幡山地蔵尊まつり」が開催されます。

瑞龍寺 TEL:0748-32-3323
交通 JR近江八幡駅北口より長命寺行きバス
大杉町下車
ロープウェイ乗車4分
(ロープウェイは15分間隔で運行)
拝観料 ひとり300円

Google Mapの大きな地図を表示する

 

Copyright(C) OMIHACHIMAN TOURISM ASSOCIATION